JUGEMテーマ:八ヶ岳

 

こんにちは。
ハイジ・ロッジのハイジです。

 

この八ヶ岳周辺では、今シーズンは本当に雪が少ない冬で(諏訪湖が御神渡りする位寒かったですが)、また春が来るのが早かったですね〜🌸

もう、雪は降っても、気温が高いためすぐ溶ける春の雪のはずなので、雪かきの心配も要らず、一安心です。
と思ったら、今日の雪。。⛄

 

 

 

ちょうど、「雪かき選手権」の記事を書くところでしたので、タイミングはバッチリ!でしたが❄

今回は、ハイジ・ロッジ通信という事で、ささやかな社会貢献のご報告です。

 

先日、北海道の小樽市で2月17日に行われた「国際スポーツ雪かき選手権」の開催報告を、「国際スポーツ雪かき選手権実行委員会事務局」から、送って頂きました。

 

 

小樽市は、北海道の都、札幌市のお隣の市で、風情のある北の港町です。
レトロなレンガ造りの倉庫が並ぶ運河や港の見える坂道があり、雰囲気は、横浜、神戸、長崎などの港町にとてもよく似ています。
北海道は、ほぼ全域が豪雪!地帯と言われ、特に小樽や雪まつりが有名な札幌のある道央(日本海側)は、雪が多いと言われています。

 

ワタシも2年程前に、冬の小樽・札幌を旅行したのですが、寒さは八ヶ岳と「ドッコイかな〜」と感じましたが、雪は八ヶ岳周辺よりもずっと多いと感じました。
札幌市内の公園!で、クロスカントリ―スキーをしている人がいたり(ジョギングのノリです)、除雪機がほぼ一家に一台ある印象でした。
旅行中にも、雪がずんずん積もっていき、「こりゃ絶対積もる!」と確信できる大きな雪ヒラが、空から次々と降っていました。

 

「さすが、やっぱりDoはホントの北国だ!長野県とは違う!負けた!」と感じました。
長野県在住の皆さま、天気予報で、北海道よりコッチの気温が低いと、「勝った‼」と思いますよね〜?
ワタシだけでしょうか?

 

今シーズンくらいからは、家庭用の小型除雪機がずいぶん普及したな〜と感じた八ヶ岳周辺ですが(手ごろな値段な小型マシーンが増えましたね〜、ご近所に次々と導入されました)、数年前は、ワタシの住んでいる富士見町の狭い地域に限って言えば、7軒に1台、という感じでしたから。
それが今シーズンには、7軒中3台にまで増えました!

 

もちろんハイジ・ロッジも、除雪機を導入しました。
除雪機があると、雪かきもラクチンになりました。

 

この「雪かき」、これが雪の積もる地域の方々にとっては、悩みの種です。
特に、体力のない方、ご高齢の方などは、本当に冬が死活問題です。

 

雪かきをしなければ、車も埋まってしまうし、停められなくなってしまう。
通路も確保しなければ、歩けないし、ドアも開かなくなってしまう。

 

雪の手掘りは、本当に体力を使いますし、腕や腰を痛めるリスクもあり、大変です。
除雪機も手ごろになったとは言え、それでも10万円台位からと高価ですし、ご高齢の方には大きな機械の操作は、敷居が高い。

 

そんな悩みを、「雪かき競技」を開催する事で、解決しようという「雪かきプロジェクト」が、北海道にあったんです。
お若い、体力のある方々をたくさん「スポーツ雪かき選手権」に参加して頂いて、実際のお家の雪かきを、スポーツ競技として楽しんでもらう、というプロジェクトです。
とっても良い考えだと思います♪

 


そんな、プロジェクトの開催資金を集める為に、小樽市の商工会議所青年部から発足した「国際スポーツ雪かき選手権実行委員会」が、一生懸命クラウドファンディングをがんばっていらっしゃったので、「富士見高原ハイジ・ロッジ」も、ささやかな支援をさせて頂きました♪

 

八ヶ岳は、そこまでの豪雪地帯ではないですが、北海道並みの寒冷地に暮らすものとしては、とても共感できるプロジェクトでありました。

 

 

 

ジャーン♪

協賛者として、「富士見高原ハイジ・ロッジ」の名前を掲載して頂いたんですよ〜♪
とても、嬉しいです、ありがとうございます💕

 

今回の「第5回国際スポーツ雪かき選手権」の公式サイトです。ご覧くださいませ⛄

https://www.spoyuki.com/

 

そんなわけで、ハイジ・ロッジのちょっとエバれるお話でした。
ちょっと大げさですが、ワタシ、ハイジは、事業も、愛溢れる、人間的な、高い理念を持つことが、大切だと感じています。
これからも「ハイジ・ロッジ」は愛を感じる、ささやかでもできる事を、やっていきたいな〜と思っております❤

コメント
コメントする